旧法と新しい法律

土地11

借地権に関わる法律というのは、国の法律が変化するに当たって変わっていきます。この借地権の無いように関しても例外ではなく、今までに内容が変わってきました。

何故内容が変えられる必要があったのでしょうか。それは、権利の妥当性…いわゆる契約者と秘計役者の間の、差異が大きかったことにあります。旧法では、いわゆる土地を借りた側と、土地を貸す側の権利が、不公平である場合が大きく、いわゆる土地を貸す側は、その権利を途中で解約するということが基本的に出来ませんでした。

現代では正当な理由があれば行えるようになっていますが、そういった点があって改正されてきたことが分かります。今でも多くの方が、この旧法の借地権で契約が行われている状態です。

その旧法で契約された借地権は、新法にそのまま乗り換える…変更するということが出来ません。旧法で契約された借地権はそのまま行使し、契約を満了してから新たに新法で契約するという方法しかありません。この点を理解しておくなら契約について良く分かるでしょう。

これからも法律事態に変化が必要なことがあればさらに改正が加えられていくことになりますが、現時点での契約が有効となるでしょう。

関連記事:借地権の種類とは